YES-ONLINE SPECIAL
 ネコちゃん
   ウォッチング
 花火ウォッチング
 桜ウォッチング
 イベント
  ウォッチング
 夢の充電器
  開発プロジェクト

電池活用技術研究会
 公開資料室
 電子工作室
 研究室(会員専用)

予備知識不要のファイル管理

ViewFast

 従来の電子ファイリングソフトはデータベースに管理情報を格納しているので、固有の操作方法を習得する必要が有ります。
 ViewFastは、文書イメージファイル毎に独立したコメントファイルを作成し、コメントファイルは文書イメージファイルに自動的に連動して複写・移動・削除されますから、通常のファイル管理ソフトと同様に簡単に使用出来ます。
 必要性が高いのに意外とあまり便利なソフトが見当たらない、ファイル名の連番一括変更処理も、充実したリネーム機能で簡単に実行出来ます。
 ファイル管理機能は、「開く」ダイアログに組み込まれていて、しかもモードレスなのでビューアと同時に操作出来ますから、作業効率の高さも抜群です。

基本機能

コメント表示

プログラム表示

その他

独自ダイアログによる簡単操作

 ViewFastではファイルを開く時のダイアログは、Windows標準の「開く」ダイアログと、Explorerのファイル管理機能を統合した形になっています。しかもExplorerに欠けている機能も装備しています。
 使用頻度の高い「開く」ダイアログで、複写・移動・削除等のファイル管理を一緒に行うことが出来ますから、極めて効率的に作業を行うことが出来ます。

 ほとんどの機能は、独立したボタンとして配置されていますので、迅速に操作出来ます。
 画面の一部は、フォルダとコメントとプログラムの3つの機能の表示を切り替えて使用します。

 「開く」ダイアログはモードレスなので、ビューアと並べて表示しておくと同時に操作出来るので便利です。
 「オプション」の
[「開く」ダイアログを縦長表示にする]をオンに設定すると、モニター画面の左右にビューアと「開く」を並べて配置することが出来ます(但し、SXGA以上の解像度のモニタが必要)。
(V2.14の新機能)

魔法のプレビュー表示機能(V2.14の新機能)

 一般的な電子ファイリングソフトでは、画像ファイルの縮小イメージを一覧表示する、サムネイル表示機能を持っています。しかし、文書の電子ファイリングではサムネイル表示では内容が判読出来ないため実用になりません。

 ViewFastでは、ファイル一覧表示で左ボタンをクリックして(またはカーソルキーで)選択したファイルをプレビューウィンドウに表示することが出来ます。
 プレビューウィンドウは大きさが可変出来るだけでなく、画像の拡大・縮小、マルチページファイルのページ移動等の機能がマウス(あるいはキーボード)で操作出来ます(メインウィンドウのビューアと同じ操作方法)。

画期的方式のアイコン表示

アイコンの例

画像データファイル(閉じている)

画像データファイル(保護ファイル)

画像データファイル(隠しファイル)

画像データファイル(開いている)

ブックファイル(開いている)

その他のデータファイル(閉じている)

プログラムファイル

システムファイル
 通常のWindowsソフトでは、フォルダのアイコンは開いている時と閉じている時で変化しますが、ファイルのアイコンは変化しません。

 ViewFastでは、ファイルのアイコンも、ファイルが開いている時と閉じている時で変化しますから、開いているファイルが明確に区別出来ます。
 さらに、ファイルのアイコンの色が、ファイルの属性によって変化しますから、保護(読取専用)ファイルや隠しファイルが明確に区別出来ます。

ファイルの開閉が簡単

 通常のWindowsソフトでは、開いたファイルが意図したものでなかった場合、もう一度「開く」ダイアログを表示させて、開き直さないといけません。

 ViewFastでは、ファイル名を右ボタンでクリックすると、ダイアログを閉じずにファイルを開くことが出来ます。ビューア画面で確認して、意図したものでなければ、もう一度右ボタンでクリックするとファイルが閉じます。(通常のソフトと同じようにファイルを選択した後、「Ok」をクリックして開くことも出来ます。)
 さらに、複数のファイルを開いておいてビューアでページを切り替えて閲覧することが出来ます。

ファイルの属性変更が簡単

 Explorerでは、ファイルの属性を変更したり隠しファイルの表示をオン・オフしたりする場合、操作が複雑で手間がかかります。そのために、ほとんどのパソコンユーザーはファイルの保護機能を有効に活用していません。

 ViewFastでは、「隠しファイル表示」チェックボックスで隠しファイルの表示・非表示を簡単に切り替えられます。属性の変更も「保護」ボタンと「隠す」ボタンのクリックで簡単に行えます。
 重要なファイルは保護ファイルに、普段あまり参照しないファイルは隠しファイルに、各々設定しておくとファイル管理が楽になります。

フォルダの選択が簡単

 フォルダ一覧表示で選択したフォルダは「フォルダ登録」ボタンで、ダイアログ上部の「フォルダ」コンボボックスに登録することが出来ます。登録済みのフォルダは1クリックで簡単に選択出来ます。

 スキャナ入力時の設定画面では、フォルダの登録は出来ませんが、登録済みのフォルダから選択することは出来ます。

 ViewFastでは、データベースを使用しないので、電子ファイリングしたデータはどのフォルダにも格納することが出来ますが登録済みのフォルダに格納することで、整理がし易くなります。

フォルダの作成が簡単

 「フォルダ」コンボボックスのテキストボックスには現在選択されているフォルダ名が表示されます。このフォルダ名を直接書き換えて、新しいフォルダを作成することが出来ます。
 しかも、1階層下のフォルダだけでなく、多階層下のフォルダを一気に作成することが出来ます。

 例えばカレントフォルダが、
  C:\My Documents の時、
  C:\My Documents\設計図\2002 を
 作成することが出来ます。
 通常は(Explorerでは)、
  C:\My Documents\設計図 を作成してから
  C:\My Documents\設計図\2002 を
 作成する必要があります。

ファイルの検索も簡単
 検索ファイル名を入力して、検索実行ボタンをクリックすると、検索結果が右図のように表示されます。→
 検索ファイル名にはワイルドカードを使用出来ます。
 検索ファイルの更新日時または参照日時の範囲を設定することも出来ます。
(右の例はCドライブの1998年以後のBMPファイルを検索)
 コメント表示モードの場合は、コメント文中の単語を入力して検索することが出来ます。

 検索対象のファイルが1つしか存在しないと解っている場合「1ファイル」チェックボックスをオンにすると、ファイルが見つかった時に、残りのフォルダを検索せずに直ぐに検索を打ち切るので、検索時間が節約出来ます。
表示ファイルの制限が便利
 Explorerでは一つのフォルダの中に大量のファイルが格納されている場合、ファイル一覧表示に全部表示されるので必要なファイルを探すのが大変です。
 ViewFastでは、検索ファイルの制限条件が、通常のファイル一覧表示にも適用されますから、必要なファイルを探すのが簡単です。
 =1998 は1998年のファイルが表示され、
 =1998/07 は1998年7月のファイルが表示されます。

 「ファイルの種類」には、ワイルドカード(*は任意の文字列、?は任意の一文字に一致)を含む任意のファイル名が入力出来ます。
 TEST.*の場合は、TEST.DOC、TEST.TXT等が表示されます。
 TEST*.*の場合は、TEST.DOC、TEST1.TXT等が表示されます。
ファイルサイズの確認が容易

 Explorerではドライブの空き容量や、ファイル一覧表示のファイル容量の合計値の確認等が、解り難くて面倒です。

 ViewFastでは、常に最下部にこれらの情報が表示されていますから、ディスクの使用状態が明瞭に確認出来ます。フォルダの複写や削除を行うときには、フォルダ内のファイルの総数や全容量が表示されます。(実行をキャンセルすることで、容量チェックだけ行うことが出来ます。)

ファイル名のソートが明瞭

 Explorerではファイル一覧表示のソート順を切り替えた時に、今の状態が表示されないので希望のソート順に切り替えるのに戸惑うことが多い。

 ViewFastでは、「日付順」と「名前順」のチェックボックスが用意されていますから、簡単にソート順を切り替えることが出来ます。