YES-ONLINE SPECIAL
 ネコちゃん
   ウォッチング
 花火ウォッチング
 桜ウォッチング
 イベント
  ウォッチング
 夢の充電器
  開発プロジェクト

電池活用技術研究会
 公開資料室
 電子工作室
 研究室(会員専用)

快速パーソナル電子ファイリングソフト

ViewFast

技術解説:ViewFastのファイル形式

 電子ファイリングソフトViewFast(とビューアViewFastReder/FreeViewFast)は、業界標準のファイル形式(TIFF/BMP)と独自形式のファイル形式が取り扱えます。独自形式のファイル形式を使用すると、電子ブックが作成出来ます。
 電子ブックは、データファイル(TIFF/BMP/MH)とコメントファイルとインデックスファイル(VFX)で構成する方法と、1つのブックファイル(VFB)で構成する方法の両方が使えます。前者(VFX)は編集時に、後者(VFB)は配布時に適しています。
 通常の画像ファイル(BMP)は、1ファイルに1ページのデータしか格納出来ませんが、主に電子ファイリングで使用する画像ファイル(TIFF/MH)は、1ファイルに複数ページの画像を格納するマルチページ形式に対応しています。

分類

拡張子 マルチ
ページ

説明

データ
 ファイル
.TIF
.TIFF

 Aldus社とMicrosoft社によって開発されたフォーマットですが、国際標準規格として採用されています。
 WindowsとMacの両方に対応するために、ファイルの先頭にデータを作成したCPUのタイプ(バイトオーダ)が記述されています。
 構造が複雑かつ多種類の圧縮方式を規定しているので、アプリケーションソフトでは一部分の機能のみサポートしている場合がほとんどです。
 電子ファイリングソフトでは、主に白黒2値画像のMMR(CCITT-G4)圧縮形式が使用されます。
 マルチページ形式の場合、ファイルの先頭から順番に次のページへのリンクをたどっていく形式なので、ページ数が多い場合任意ページを表示する速度が遅くなります

.BMP

×

 OS/2とWindowsの標準画像フォーマット。
 (OS/2版は少しヘッダの構造が異なります)
 構造が単純なので、ほとんどのグラフィックソフトで扱うことが出来ます。

.MH
.MH0
.MH1
.MH2
.MH3
.MH4

 ViewFastの前身のMHV(MS-DOS版)用に開発された、白黒2値画像専用フォーマット。
 G3-FAXのMH圧縮方式を独自に改良した圧縮方式を使用しています。白黒写真をハーフトーンモードでスキャナ入力したデータはオリジナルのMH(あるいはMMR)方式では圧縮出来ません(逆に元のデータよりファイルサイズが大きくなることが多い)が、その場合自動判別してハーフトーンモード用の独自の圧縮方式に切り替えます
 一般的に、文字原稿の場合はTIFF(G4)より圧縮率が低くなります。
 マルチページ形式の場合、ファイルの先頭に各ページのデータ位置を示すインデックス部が有るので、ページ数が多くなっても表示速度が低下しません
 画像の解像度に応じて、次の拡張子を使い分けます。
  .MH ---- 300DPI        .MH0 --- 75DPI
  .MH1 --- 180DPI        .MH2 --- 240DPI
  .MH3 --- 360DPI        .MH4 --- 400DPI

コメント
 ファイル
.()

 ViewFastのデータファイルとインデックスファイルに対するコメント文を格納するために規定されたフォーマットですが、汎用設計のためそれ以外の任意の形式のファイルに対してもコメントファイルを付加出来ます。
 データファイル名が、Sample1.TIF の場合、
 コメントファイル名は、Sample1.TIF.() になります。
 コメントファイルは隠しファイルとして作成されますが、WindowsのExplorerでも、フォルダオプションを「全てのファイルとフォルダを表示する」に設定すると表示することが出来ます。
 さらに、コメントファイルは単純なテキストファイルの構造なので、メモ帳等のテキストエディタで編集することも可能です(データベースを使用する一般的な電子ファイリングソフトは、他のソフトでコメント文を表示・編集することは困難)。
 コメント文は、前半が検索に適した「項目名:項目値」の形式の定形で、空白行の後の後半は自由形式となっていますから、本文の要約あるいは全文のテキストを格納することが可能です。
コメントファイルの例
書式:新聞記事
タイトル:「ペーパーレス時代」ほど遠く?カナダ出荷量最多に
目次:
新聞名:朝日新聞
朝刊/夕刊:朝刊
発行日:2001/05/31

紙・パルプの輸出大国カナダではここ4年間出荷量が増えつづけ、
昨年は史上最高を記録。

 データファイル毎にコメントファイルが作成されるために、ファイル数が多くなるという欠点はマルチページ形式を利用することで解消されます。
 マルチページ形式の場合、コメントファイルの先頭に、ファイル全体に対するコメント文が格納され、その後に各ページのコメント文が格納されます。
マルチページコメントファイルの例
書名:ViewFast活用ガイドブック
発行:山口電子設計事務所
<P.1>
タイトル:ViewFast活用ガイドブック
<P.2>
タイトル:はじめに
目次:はじめに

・・・・・・

 電子ブックを作成する場合、目次と索引のデータは、コメントファイルに記述します。従って、マルチページ形式を利用するとインデックスファイルが無くても電子ブックとして表示することが出来ます。

インデックス
 ファイル
.VFX ----

 ViewFastの電子ブックを構成するデータファイルのリストを格納したファイル。電子ブックを作成しない(目次と索引を付加しない)場合でも、インデックスファイルを作成しておくと複数のデータファイルを一括して開くことが出来ます。
 単純なテキストファイルの構造なので、メモ帳等のテキストエディタで編集することも可能です(ファイル名の順番を交換するとページの順番が入れ替わります)。
 ViewFastで表示中のデータのページ選択状態もインデックスファイルに保存されます。

ブック
 ファイル
.VFB

 データファイルとコメントファイルとインデックスファイルを合体させて1つのファイルにしたフォーマット。
 全てのファイルに対応したコメントファイルが付加出来るというViewFastの基本設計と適合させるため、ブックファイル作成時にコメントファイルも同時に作成されます(ブックファイル本体に格納されているコメント文と同じ内容です)。
 ブックファイルを配布するときにコメントファイルを添付する必要は有りません(ViewFastでブックファイルを開くとコメントファイルが自動的に作成されます)。
 圧縮方式は、ブックファイル作成時、ページ毎にMMR(CCITT-G4)と独自圧縮方式のうち適した方が自動的に選択されます
 ファイルの先頭に各ページのデータ位置を示すインデックス部が有るので、ページ数が多くなっても表示速度が低下しません