電池活用技術研究会

 

前頁 単三eneloopの新(4本)旧(4本)比較テスト1 次頁


1〜4:新しい電池 5〜8:半年ぐらい使いこんだ電池
単三ニッケル水素電池の高精度充電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ
1C充電
 ニッケル水素電池は、儼検知で急速充電を終了した時点ではまだ完全な満充電ではないので、
電流を減少して一定量の追加充電をすると完全な満充電になります。

単三ニッケル水素電池の高精度充電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 1C充電
1C放電 放電終止電圧=1.0V 0.1Cの放電電流に下がるまで完全放電
 内部抵抗の増加で、劣化の状態が解ります。劣化した電池は容量があまり減っていなくても、大電流負荷での電圧低下が大きくなるので使用可能な時間が短くなります。

単三ニッケル水素電池の高精度放電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 1C放電

5A放電 放電終止電圧=0.9V
 大電流の機器では、放電終止(稼働停止)電圧を通常より低く設計しないと、
劣化により内部抵抗が増した電池での稼働時間が短くなってしまいます。

単三ニッケル水素電池の高精度放電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 5A放電