電池活用技術研究会

 

前頁 劣化したニッケル水素電池の充電特性1 次頁

 長期間使用して劣化が進んだニッケル水素電池は内部抵抗が増えているので、1Cの充電電流で急速充電すると、電圧が上がりすぎて、正常に充電出来ません。0.5C程度に電流を減らして充電する必要があります。 (0.3C程度まで充電電流を減らす場合、満充電時の電圧低下減少が現れ難くなりますから、一定の充電量で停止する方式に変更する必要があります。)
 新品の時は4本セットで購入した電池の特性はよく揃っているのですが、劣化が進むと特性のバラつきが大きくなることが解ります。

Panasonic 2000mAH (HHR-3MPS) 4本

1回目の充電 充電電流:0.5C 儼:2mV
1本目だけ劣化による、充電初期の電圧低下現象が現れています。

劣化した単三ニッケル水素電池の高精度充電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 0.5C充電
完全放電後、2回目の充電 充電電流:0.5C 儼:2mV 追加充電:0.2C 5%
長期間使用せずに放置して劣化したニッケル水素電池は、数回完全な充放電を繰り返すと、ある程度回復する場合があります。 1本目の充電初期の電圧低下現象が消えています。

劣化した単三ニッケル水素電池の高精度充電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 0.5C充電

Sony 2400mAH CycleEnergy 4本

1回目の充電 充電電流:0.5C 儼:2mV 追加充電:0.2C 5%
  こちらは長期間使用していなかった古い電池なので、かなり劣化が進んでいます。劣化が進むと、内部抵抗が大きいため、充電初期に高い電圧になり、充電が進むにつれて内部抵抗が下がるために、電圧降下が現れます。安価な簡易充電器は、ここで充電が止まってしまうため、(内部抵抗が大きいだけで)まだ容量が残っている電池でも充電出来なくなります。

劣化した単三ニッケル水素電池の高精度充電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 0.5C充電
完全放電後、2回目の充電 充電電流:0.5C 儼:2mV 追加充電:0.2C 5%
少し回復しています。が、電池間のバラつきが大きいのが気になります。古い電池がたくさん有れば、電池試験機で劣化の少ないものを選別して有効利用することが出来そうです。

劣化した単三ニッケル水素電池の高精度充電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 0.5C充電