電池活用技術研究会

 

前頁 BLM1互換リチウムイオン電池テスト2 次頁

 一般的なリチウムイオン電池は、充電電圧が4.1Vと4.2Vの2種類が有り、4.1Vの充電が一番安全とされています(容量を増やすために4.3Vや4.4Vに電圧を上げた製品も有りますが、異常発熱事故が発生 し易いようです)。この電池は、4.1Vでは定格容量まで充電されていないようなので、4.2Vで充電してみました。 逆に電圧を下げて、4.0Vで充電した場合は容量が少なくなりますが、寿命が長くなります。

放電電流:1C(1.5A) 放電終止電圧:3.0V/セル
充電電圧 充電効率 充電容量 定電流充電終了時
内部抵抗
放電容量 放電開始時
内部抵抗
4.0V 88.48% 1187mAH (79.1%) 9.385WH 180.2mΩ 1182mAH (78.8%) 8.304WH 185.1mΩ
4.1V 88.22% 1403mAH (93.6%) 11.258WH 178.7mΩ 1398mAH (93.2%) 9.932WH 184.4mΩ
4.2V 88.17% 1590mAH (106.0%) 12.984WH 177.8mΩ 1585mAH (105.7%) 11.448WH 181.2mΩ

4.0V/セルの充電 充電電流:0.7C

リチウムイオン電池BLM1の高精度充電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 4.0V
4.0V/セルの充電後の放電 放電電流:1C

リチウムイオン電池BLM1の高精度放電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 1C

4.1V/セル充電 充電電流:0.7C

リチウムイオン電池BLM1の高精度充電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 4.1V
4.1V/セルの充電後の放電 放電電流:1C

リチウムイオン電池BLM1の高精度放電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 1C

4.2V/セル充電 充電電流:1C

リチウムイオン電池BLM1の高精度充電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 4.2V
4.2V/セル充電後の放電 放電電流:1C

リチウムイオン電池BLM1の高精度放電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 1C