電池活用技術研究会

 

前頁 単一アルカリ乾電池の性能比較テスト 次頁

 単三アルカリ乾電池の容量は2000mAH程度と言われていますが、単一アルカリ乾電池の容量についての情報はほとんど無いので、実測してみました。1A定電流放電の後、半日休憩して、200mA定電流放電で残存容量を測定しました。 合計値が、200mAの小電流で放電した時の容量と推定出来ます。
 アルカリ乾電池は単一でも内部抵抗が大きく、大電流を消費する機器で使用すると容量が小さくなるようです。

   

 (放電終止電圧=0.9V) 1A 定電流放電 200mA 定電流放電 合計
1: Panasonic EVOLTA LR20(EJ) 5958mAH  6.563WH 8388mAH 9.841WH 14346mAH 16.404WH
2: DAISO Gigamax LR20 5072mAH  5.497WH 6775mAH  7.800WH 11847mAH 13.297WH

1A定電流放電

単一アルカリ乾電池の高精度放電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 1A放電

1A定電流放電後、半日休憩し、200mA定電流放電

発熱が僅かなので、温度のグラフはほとんど室温の変化の影響です。
単一アルカリ乾電池の高精度放電特性(温度・内部抵抗・電流・電圧)グラフ 200mA放電