タイトルバー →

ツールバー →

← メニュー

← ページスクロールバー

← ステータスバー

スライドショーバー →

知って得する、使って楽する AtFILEの使い方

ビューア(基本)             


ビューア(メインウィンドウ)


 AtFILEのビューアは、マルチページ形式のファイルや電子ブックに対応しているので、ページの前後移動に関する機能がたくさんあります。通常の画像ファイルも、複数開いておいて、ページを前後移動して見ることが出来ます。

 画像の上下左右のスクロールを行うスクロールバーとは別に、ページ移動用のページスクロールバーがあります。さらに、自動的に順次ページを送るスライドショー機能と、簡単にスライドショーの速度調整が出来るスライドショーバーを装備しています。

 画像の周囲のフレーム部分に、タイトルや撮影日時を大きな文字で表示出来るので、とても見易いです。