知って得する、使って楽する AtFILEの使い方

電子ブック               


 白黒の文書や図面の電子ファイリングデータの保存には、TIFFマルチページ形式が広く使われています。
 TIFF形式の規格はいくらでも拡張出来るように作られていて、カラー写真を圧縮して格納することも可能なのですが、実際にはカラー写真の圧縮ファイルはJPEG形式やPNG形式が一般化していて、TIFF形式はカラー写真は圧縮無しで格納される慣習になっています。
 一方、JPEG形式やPNG形式のファイルは、マルチページ形式に対応していないので、そのままでは電子ブックに使えません。

 そこで、書籍をスキャナ入力して作成した各ページのJPEG圧縮画像ファイルを、ファイル圧縮ソフトを使って1つのZip圧縮ファイルにまとめる方法が生まれました。通常の圧縮ファイルと区別するために、圧縮した後で拡張子を.ZIPから.CBZに変更します。CBZはComicBookZipの略と言われていて、元々漫画の電子ブック化のために生まれた方法です。ページの順番は、ファイル名の連番号で判別します。
 JPEGファイルを再度ZIP圧縮してもほとんど圧縮効果が無く、ファイルサイズはあまり減少しませんが、ZIP形式は複数のファイルを1つのファイルにまとめる方法として役立ちます。(実は、ZIP形式ファイルは圧縮無しで複数のファイルを格納することも可能な仕様になっています。ファイル圧縮ソフトでCBZ形式の電子ブックを作ると2重の圧縮が行われますが、AtFILEで作った場合は、JPEG形式やPNG形式のファイルはそのままZIP書庫に格納されます。)

 CBZ形式の電子ブックは、構造が単純なのでビューアが軽快に動作し、画質もオリジナルの画像ファイルそのままで格納されているので、複雑な構造のPDFより優れていると言われています。解凍ソフトで簡単に中の画像ファイルを取り出せるという便利さもあります。


 AtFILEは、TIFFマルチページ形式のファイルやCBZ形式の電子ブックを作成出来るだけでなく、もっと優れた機能を持った独自形式のABK形式の電子ブックも作成出来ます。

 ABK形式の電子ブックは、白黒文書はTIFFと同様に高圧縮率の(G4FAXと同じ)MMR方式で格納し、カラー写真はCBZ形式と同様にJPEG圧縮やPNG圧縮方式で格納します。TIFFマルチページ形式とCBZ形式の両方の用途をカバーします。

 ABK形式の電子ブックは、目次と索引を付けることも出来るし、各ページに自由にコメントを記入することも出来ます。

 AtFILEは、独自形式のファイルだけでなく、TIFF形式やCBZ形式のファイルにもコメントファイルを追加することが出来るので、TIFF形式やCBZ形式のファイルにも目次や索引を付けるという芸当も可能です。


 AtFILEの電子ブックは、本文を画像で格納する方式ですから、文字コードで格納する電子ブックで問題となる、古い書籍の文字がJISコードに無い、という難題に悩まされることがありません。

 その代わりにファイルサイズは、文字コードで格納する電子ブックより大きくなりますが、パソコンにDVD-ROMドライブが標準装備され、小さなメモリカードでも10GB以上の容量になった今日では、全く問題になりません。コメントに本文のテキストを格納することも可能なので、検索で困ることもありません。